三和訪問(5/29)

5月29~30日で新潟県上越三和へ行ってきました。大瀧米店さん、
お米のみうらさん、浜松の米のあらきさん、
静岡経済連の担当S崎さんの5名です。本降りの静岡市を出発して行きには、甲府市内に先日オープンした和穀の会のアンテナショップ
(モデル店)和穀菜汁の店を見学させてもらいました。

店内は、正面におにぎり、左側がカフェスペース、右側がお米や雑穀、和穀の商品などの物販スペースとなってました。
11時ごろにお店に着いたのですがひっきりなしにご来店客があり皆さんおにぎりを買っていかれ帰りに物販スペースも見ていくといった感じです。
駐車スペースも10台ぐらいあり店内も広くその環境は、正直うらやましかったです。おにぎりを3つ買って食べましたがおいしい!
和穀の商品の青唐辛子みそでにぎったおにぎりがあったのですがおいしかったです。

三和へは3時過ぎに到着。JAえちご上越三和支店に寄り市川君、武田さんと合流してまずは梅澤さんの田んぼへ。
次にグリーンファームくぼの田んぼへ行きました。グリーンファームさんでは作業中でした。
代表の田辺さんに今年の田植えの様子などを伺いました。

田辺さん

グリーンファームくぼの皆さんと

夜は久しぶりに米本陣のログハウスではなく本館へ。
荷物を置いてから懇親会へ向かいました。8名ほどの生産者の皆さんに来てもらい熱い話を。その中で明日朝、
写真を撮るので集まってもらうようにお願いしました。また秋には稲刈りツアーもやっていただけることになりました。
9時に終わってから宿の戻り武田さんを交えて11時過ぎまで二次会を。

翌朝は、7時半に田んぼ集合。見事な妙高山がくっきりと見えます。

妙高をバックに三和減減の会のみなさんと。

この後は10時まで時間があったのでJAOBのお宅を回っていたら神田の大坪さんのお宅で林富永邸が特別公開日ということを聞いてご一緒させていただきました。
三和にこのようなお宅があるのは今までに15年以上来てますが初めて知りました。

瓦葺のお宅で今も普通に生活されています。今日から3日間が特別公開ということでとても運がよかったです。立派なお庭と中には、
勝海舟の書などもあり時間が止まっているようなひと時でした。

武田さんのお宅に戻り武田さんの畑に枝豆などの豆類を植える作業をしました。稲刈ツアーでお客様に収穫してもらうようにその準備です。
まずは肥料をまいてトラクターで耕してから5人で植えていきます。

お昼前に終わるころ、梅澤さんがこびりを用意してくれました。こびりは農作業のお昼休みの言葉のようです。
用意してくれたのは朴葉でくるんだ栗おこわでした。

妙高山を見ながらのおいしい栗おこわでのこびり、じょんのびとした時間で梅澤さんありがとうございました。

その後はJAOBのN雲三のお宅へよらせていただいて雪中梅で歓談。N雲さん、
お孫さんが当店のHPにN雲さんが載っているのを見て電話してきてくれたそうです。

3時過ぎに出発。帰宅したのは10時でした。天気にも恵まれいろいろと話もできてとても有意義な三和行きとなりました。
稲刈りツアーは、9月13~14日の予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする