東町田んぼ情報(8/29)

東町ミルキークイーンを作ってもらっている東町自然有機農法さんから情報が届きました。

新米まであと少し

今年は震災の影響でスタートから大波乱でしたが無事に作付けでき収穫を待つまでになりました。田植えの遅れから稲刈り時期の遅れが懸念されましたが極端な遅れもなく稲刈りが出来そうです。

田植えの時期がずれたことによってお米にとってよい環境になっているようです。穂が出るのが例年より若干遅かったこともあり昼世夜の気温差が生じ始めた時期にちょうど穂を出し栄養を蓄え始めたので今年は美味しいお米になりそうな期待感でいっぱいです。

新米出荷について

23年度米出荷について東町自然有機農法では行政の安全基準はもちろんですが独自の安全基準を設け安全が確認とれ次第、安全宣言を出して出荷する事となります。

毎月土壌などの検査を依頼している研究機関に刈りいれ前検査(稲籾、稲茎葉)、刈りいれ後検査(玄米、白米)を依頼し安全と判断した後、検査結果表を添えてお客様の安心と安全に形として答えていこうと思っております。

検査結果の混み具合にもよりますが可能な限り早く安全で安心して美味しく食べていただける新米をお届けできるよう努力いたします。

あきたこまち刈りいれ前検査結果(クリックして拡大します)

検査表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする