鷹の爪プレゼント!(5/22)

鷹の爪

ただ今、当店でお米をお買い上げのお客様に鷹の爪プレゼント中です!

この時期からお米に虫がつきやすくなります。お米につく虫は大きく分けて2種類あります。黒いありのような虫、コクゾウと蛾の幼虫です。

もしコクゾウを見つけてもコクゾウに害はありません。コクゾウがいたからといってお米を捨てるような事だけはしないでください。日陰で新聞紙を広げてお米を広げておいておきますと勝手にどこかへ行ってしまいます。 日なたに置きますとお米がひび割れを起こしてまずくなりますのでご注意ください!

玄米や胚芽米、分搗き米は、白米に比べますとつきやすくまた無農薬や減農薬のお米はつきやすい傾向にあるようです。お米は、精米するだけで加熱処理などしていない農産物であり生鮮食品です。

虫の予防法は、

  1. 買ったお米はなるべく早く食べきる。
  2. 保管場所の選定
  3. 米びつの掃除
  4. 鷹の爪を入れる

などが上げられます。

  1. この時期はお米は2~3週間で食べきれる量だけご購入いただきまして使 い切ってから米びつに入れるようにして前のお米に補充していくのは避けて ください。
  2. 保管には涼しくて直射日光が当たらない場所をお選びください。冷蔵庫の 近くは温度が上がりますので避けてください。一番のオススメは、密封容器 (タッパーウェアなど)に移して冷蔵庫内に保管いただく方法です。密封しな いとお米が乾燥して食味もおちます。使い切った大きなペットボトルに入れるの もいい方法です。
  3. ご購入いただいたお米を開けた時にいなくても米びつの四隅についた「ぬか」 などから発生する事もありますのでこの時期に一度米びつを空にして掃除をして ください。特にハイザーのような計量機付の米びつの場合は、シャッターの部分 などの見にくい・見えない場所などに「ぬか」がつきやすくなりますので特にご 注意ください。 掃除方法は、米びつを空にしてお湯で固く絞った雑巾できれいに拭いてください。 またシャッター部分がある場合は特に念入りにきれいにしてください。 その後、1日日光干しをしてからお米を入れてください。お米の継ぎ足しは、こ の時期避けていただきますようお願いいたします。
  4. 鷹の爪を入れるとにおいをいやがり虫がつきにくくなります。米びつのふた の裏側などに鷹の爪をテープで固定して貼ってください。お米 ご購入のお客様に鷹の爪をプレゼント(お米と一緒に同梱)しています。 (鷹の爪は完全に防除できるものではありません。) 当店では玄米は低温保管、精米機など精米ラインの掃除の徹底を保管に気をつ けておりますが100%それで防げるとはいえません。 お客様のほうでもご注意いただきますようよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする