神代じゃんご米風船上げ2017

2月10日秋田上桧木内では恒例の小正月行事「紙風船上げ」が行われ100個の紙風船がゆらゆらとゆっくり舞い上がりました。
皆様の願い事が書かれた紙風船は、午後8時頃、打ち上げられ、風雪だった夜空が、その時ばかりは、風も収まり、天高く舞い上がっています。
紙風船の願いの中に、「みちのくふゆほたる」大ヒット!という願いが書かれており、静岡出身の歌手「松原健之」のおっかけさんが、全国から100名程訪れていました。午後6時の一斉打ち上げ後、来場者の前で雪が舞う中熱唱していました。
この行事が終わると、秋田にも春の香りが次第にただよってまいります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする