三和田んぼ情報(7/15)

5月の下旬は低温であり、稲の生育が心配されましたが6月上中旬の好天により
生育は平年を上回ってきております。
今年コシヒカリは、昨年より草丈が約75cm以上、葉色も濃く推移しており1回目の穂肥は見送る傾向にあります。梅雨明け後の晴天が待ち遠しい状況です。

稲刈りの遅れが心配されていましたが、出穂はやや早いと予測されています。今の状態でいけば9月11・12日の稲刈りツアーに間に合いそうです。
写真は穂肥指導会のものです。普及センターから小林さんが来ていただきました。
最後の1枚の写真は鉄コーティング点播の現在の状況です。

三和田んぼ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする