鮭川村訪問(7/7)

7月7日に山形県最上郡鮭川村へ行ってきました。鮭川村は当店のはえぬき、ササニシキ、夢ごこち、花キラリを作ってもらっています。

1日をフルに使うために6日の最終の山形新幹線「つばさ」で新庄に22:40分着。ホテルに泊まり朝一でレンタカーを借りて村内を回りました。

まずはJA山形もがみ本店へ。

販売課長さんと今年のお米の生育状況などで1時間ほど懇談。JA山形もがみは、鮭川村、大蔵村、戸沢村の3行政区ですが山形県内での村は、今はこの3村だけだそうで珍しいJAです。

次に鮭川支店まで移動

鮭川支店

鮭川支店長、センター長とまた1時間ほど懇談。その中で先日NHKの番組で鮭川村の米湿原が紹介された話になりそれではぜひ見学させてくださいいうことになりすぐに移動。

立派な看板がありました。実は地元の人もあまり行ったことがないそうで支店長、センター長も初めてだったそうです。

米湿原

米湿原

木道が整備されてました。もう少し前なら花なども綺麗に咲いていていいそうなんですが今回はこんな場所がまだ鮭川村にあったということが分かっただけでよかったです。

お昼は「池乃家」さんでおそばをいただきました。

池乃家

午後は田んぼ回り。まずは今秋デビューする期待の品種「つや姫」の田んぼから。つや姫は限られた生産者・田んぼでしか生産されません。

つや姫の田んぼにて

生産者の八鍬さんに「つや姫」作りについていろいろと伺いました。

八鍬さん

つや姫

次に夢ごこちとササニシキの田んぼに

ササニシキの田んぼ

圃場整備が終わった田んぼがずっと連なります。

田んぼ

ササニシキ生産者の安喰さんにササニシキの米作りについて伺いました。

安喰さん

このあと同行のゆうき会事務局Sさんが「トトロの木」を見たことがないというので生産者の皆さんと一緒に久しぶりに行って見ました。右下の車で木の大きさがわかると思います。

トトロの木

今日は暑い日で田んぼにいたら汗だくになってしまいました。生産者さんが「お風呂はいっていこう」という事でトトロの木から近い羽根沢温泉へ。加登屋さんのお風呂に入りました。文字通り裸の付き合いです。羽根沢温泉は、ぬるぬるとした泉質で「美人の湯」ともいわれています。

加登屋

素朴なお風呂でいいお湯でした。湯上りはさっぱり。さすが美人の湯です。

お風呂

さっぱりとしたらもう4時半。17時すぎの「つばさ」でしたのでそのまま新庄駅へ向かいレンタカーを返して何とか間に合いました。鮭川の皆さん。お世話になりましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする