鮭川村訪問(9/22)

9月21日に鮭川村へ行ってきました。

20日夕方5時すぎの「こだま」で東京で。最終の新庄行きの「つばさ」で新庄へ。23時前に到着後同行のお米のみうらさん、大瀧米店さん、経済連柴山さんとでホテル横の「魚民」で1時過ぎまで一杯やりました。翌朝は、曇り。なんか今にも雨が降りそうな天気でした。レンタカーを借りて鮭川村へ。JA鮭川支店には、9時前に着きました。鮭川村トップブランド米生産組合の八鍬さん、安喰さん、横山さんにも来ていただいて支店長、本店の販売部長さんを交えて会議室で今年のお米や今後の取組、新米キャンペーンなどについて話し合いました。新米キャンペーンは10月28日(日)鮭川よりキャンペーンに来てもらうことになりました。18年産の鮭川村ササニシキが早々に品切れになってしまいましたのでそのあたりを特にお願いしてきました。

会議後は、お向かいの倉庫ではえぬきの検査をやってましたのでみさせていただきました

お米を少しづつ抜いていきます。

ただ今検査中。

一等米になりました。

それから圃場を巡回。まずは八鍬さんの「はえぬき」の田んぼです。朝方霧雨が降っていたのがうそのように晴れ渡りとても暑かったです。

八鍬鮭川トップブランド米生産組合会長。10月頭にテレビの取材で「ダニエルカール」さんが八鍬さんのところに来るそうです。

鮭川を見下ろすベストポイントへ。鮭川の中で釣り人がいましたがちょうど釣れたところが見えました。

バックに記念撮影

左から八鍬さん、JAの竹田センター長、安喰さん、横山さん。

お昼になりお昼は池之家さんで御馳走になりうました。

午後から横山さんが花キラリの刈り取りをするというので見学に行きました。

コンバインに乗って登場です。

花キラリの稲刈り開始。

刈りとったお米を移します。途中、コンバインに乗せてもらい1往復稲刈りをお手伝いしてきました。

次は夢ごこちを作っている安喰さんの田んぼへ。

この後、コンバインに乗った三浦さん、わたくし、柴山さんの手が痒くなり出してちょっと早いですが鮭川を後にして新庄の「しみずの湯」に立ち寄って汗を流してから5時過ぎのつばさで帰途に着きました。鮭川のみなさん、お世話になりましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする