鮭川訪問(2005.07.20)

7月20日~21日と鮭川村へ行ってきました。今回は、神奈川県内の鮭川米を扱うお米屋さんグループ「すこやか会」の5店舗と一緒に行き、今後の鮭川米について情報交換・要望をしてきました。2時半から行われた会合では、JA組合長、販売部長、営農担当、トップブランド米生産組合の役員のみなさんが出席して産地側の意見要望、小売側からの意見要望をまず述べ合いました。会は5時すぎまで続きいろいろな意見が出ましたが今後の課題という事のなりました。

翌日は村内にある日本一のバラ生産農家(というか工場ですね)、熊谷園芸さんを見学させていただきました。もうすごい規模で圧倒されました。大阪から九州まで毎日送っているそうです。今まで鮭川村にこんな農家があるとは全く知りませんでした。

その次に出来たばかりの鮭川村堆肥センターを見学。村営の施設で最新鋭の養豚場と並んでたっています。鮭川村では、きのこ栽培が盛んでそこからでる残滓を持ち込み豚の糞尿をかけて発酵させて作っています。ここで作った堆肥は今後田んぼに還元されていきます。

その後、米集落の圃場を見に行きました。米から見たたんぼは、人影もなく霧がかかりなんとも幻想的な風景でした。お昼には池ノ家でおそばをご馳走になって帰ってきました。当店としては、本当に何にもない自然がすばらしい鮭川村のお米を今後とも力を入れて販売していきたいと思います。清流鮭川の水をはじめとしたその自然環境、堆肥生産、そして作る方々の情熱と人柄も一緒に販売していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする