三和訪問(2005.05.19)

朝8時に車で出発、三和へ着いたのが3時前でした。その後三和の特別栽培米をお願いしている三和減減の会の会長、武田儀一さんといっしょに田んぼを回りました。寒かったです。半そで来ていた三浦さんや大瀧米店さんも寒いを連発してました。低温注意報が出ていて植えた苗の活着(苗が根を張ること)も今ひとつという事で心配です。生産者のみなさんは6月に寒くなければいいということでそんなには心配していませんでしたが・・・。この後は、窪、広井の田んぼを見て回ります。窪では、三和のケーブルテレビ三和チャンネルや上越タイムス、JAえちご上越の広報の方々が取材に来ていてちょっとびっくりでした。

広井の梅沢さんの田んぼを見てから梅沢さんのお宅で今年の三和米の取組についての話し合いがありました。JA、生産者、三和減減の会、ゆうき会でいろいろと話し合いましたが今年からコシヒカリBLでの生産ということでその辺りが話の中心になりました。また三和減減の会での取組として今年の使用肥料は、統一するということで話しがありました。

6時からは懇親会、JA、役場、減減の会、三和村稲作部会のみなさんとです。今年の秋も稲刈りツアーで伺う事になりましたが今年は親子連れを中心に生産者のお宅へ民泊させていただき翌日も自然とふれ合う企画をしようという事で話がまとまりました。親子連れ限定というと集客もちょっと大変そうですが9月に向けて広報していきたいと思います。その後は宿泊場所の米本陣へ。今度は大西の生産者のみなさんが5名、三和の銘酒「雪中梅」を持って部屋まで来てくれて遅くまで盛り上がりました。かなりハードなスケジュールでしたが大充実の1日でした。

20日は、快晴でした。昨日の寒さがうそのように暖かい1日になりました。お昼になっても妙高山学きりと見えましたが今まで三和へ来ていてこんなに妙高山がくっきりと見え続けたのは初めてでした。JAえちご上越の本所、営農部へご挨拶に伺いその後三和へ戻り武田さんの写真の田んぼで田植え機に乗せてもらいました。100m×100mの田んぼは、田植え機に乗ってみると広さが実感できました。見ため以上にやっぱり広いです。

武田さんのお宅で一服した後は、旧三和農協のOBのお宅へ表敬訪問、4軒回りまして最後は、現理事の南雲さんのお宅でまたまた雪中梅の歓迎を受けました。(私は運転手でしたので飲めませんでしたが・・・)3時までおじゃまして3時半に出発。帰ってきたのは夜10時でした。この日もハードでしたがいろいろと押し終えてもらう事が多く、充実した三和訪問の2日間でした。三和のみなさん、お世話になりましたm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする