神代訪問(2004.06.26)

6月26日~27日、田沢湖高原「ハイランド山荘」にて田沢湖牛銘柄確立推進組合(モートピア)総会があり、出席してきました。当店は、この組合に出資して組合員になっています。この組合は、「消費者と共に明日の農業を考えよう」の基本理念で7年前に生産者、米販売店が出資して設立しました。会場となった宿のお風呂は、白濁したお湯で乳頭温泉から引っ張ってきているそうです。この所の疲れが取れすっかりと癒されました。計3回も入ってしまいました。

翌日は無農薬栽培の田んぼを、見て回りました。高橋さんの田んぼでは、ちょうど手作業での除草の真っ最中でしたので私も田んぼに入ってちょっとやってみました。足元は不安定で稲を踏まずに気をつけながら腰を曲げて草をとる作業は、本当に大変です。2~3分で参ってしまいました。一人では大変という事で隣組の皆さんが手伝っての除草です。高橋さんの無農薬の田んぼを全部除草するには3日ほどかかるそうです。

続いて藤村さんの無農薬田んぼへ。こちらでは人力除草機と自動除草機を体験してきました。人力は文字通り手で押していく除草機です。見ていたら楽そうでしたがやってみると大変。田んぼの土に埋まってしまい全く動きません。10分程格闘してようやくこつをつかみ動かせましたがこちらも土に足をとられそうになったり稲を踏みそうになったりでした。自動は動力で進んでいくのですがこちらは引っ張られるのでしっかりとつかんで抑えるようにしての運転でこちらも大変でした。動かしていくと「どじょう」や「おたまじゃくし」が逃げまくり蛇も1匹いました。方向転換は機械を持ち上げてです。除草は機械で1回やってからその後2回目を機械でやるそうです。手でやるのも機械でやるのも大変!というのが実感でした。

その後、モートピア栗園に場所を移して生産者との交流バーベキュー大会、じっくりと話をさせてもらいました。

今回は無農薬栽培での除草の大変さを経験させてもらいまして今後の販売時にいかせればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする