米山町訪問(2003.6.10)

静岡ー東京ー11時50分に古川着でレンタカーを借りて米山町へ。米山町の「自然乾燥ひとめぼれ」が年々減少傾向にあるので農協で意見交換、数量確保を要望して、その後米山町堆肥センターを見学してきました。5時に、米山を出て車で新庄へ。7時半に着き、反省会の後、新庄泊。
翌日は、9時にJA山形もがみ鮭川支店に行き、16年産からの表示が変わる特栽米の対応について、協議しました。続いて、上絵馬河集落に行き、夏に販売するスイカとササニシキの生育状況の確認、上大渕集落に移動して田んぼ情報の八鍬さんと秋の新米祭りの予定などを話し合いました。3時50分の新庄初のつばさで東京へ、静岡についたのは、夜8時半でした。
ハードな日程で疲れましたが、どちらも実のある話が多く収穫があってよかったです。やっぱり現地に行って話すのが一番、いろんな話も聞けました。来月は秋田神代へ行く予定です。

米山町有機センター 広くてきれいでした!

カントリー

道の駅よねやまにはダチョウがいました。

これから新庄へ向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする